大きな損失をしない癖

ロスカットをするときは、少しでも損失額を低く抑えたいという気持ちが働くものです。

そのために、ロスカットを指値注文したい誘惑にかられます。

でもロスカットは基本的に作戦の失敗。撤退ですから、指値注文などと色気を出さずに、成行きで処分しなければいけません。

下手な指値をしたために、撤退できずに傷を拡げてしまった経験を持っている人はたくさんいると思います。

参入のときは指値注文をして、結果として参入できなかったとしても、儲かる機会を逸したということはありますが、資金が目減りするということはありません。

また、保有方針で臨んでいる手持ちの株が、ここまでは上がらないだろうと思いながらも、上がったら売却してもいいなという値段で指値注文して約定しなくても問題はありません。

しかし、作戦が失敗したから撤退するときは、即時撤退です。

躊躇せず、成行きで撤退しましょう。

結果として、指値注文しておいたほうがよかったというケースもあるでしょうが、こんな癖をつけてしまうと後々苦しむことになります。

長くトレードの世界で稼ぐためには、大きな損失をしない癖をつけましょう!

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。