振り回されないために

刻一刻と変化する相場環境。世界情勢などの要因も日々変化しています。

その中で、大切なお金を市場で働いてもらうのが投資です。

変化に合わせて資金を注入したり、引き上げたりの判断が求められます。

もしあなたに何の判断基準もなければ、右往左往することになります。


その時の情勢に合った的確な判断を下すといえば聞こえはいいですが、実際にやってみると振り回されている自分に気づきます。

長年、株式投資をしていると、「なんとなく」の感覚が養われて、それなりに泳げることもあります。

無意識に過去の似たような相場環境を思い出して、判断していくわけです。


でも、初心者の場合、そういった過去の経験値がありません。

遭遇する出来事は、すべて初体験のような感覚になります。


ですから早い段階で、あなたはあなたなりの判断基準を確立しなければなりません。

こうなったら買い、こうなったら売る、こういうときは休む。

この3つの判断基準が確信を持って決まらないうちは、大きな金額の投資は控えるべきです。

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。