ペアトレード 2

ペアトレードの具体的な例です。

例えば、鉄鋼関連銘柄のAとBがあります。

普段はどちらも300円前後をうろうろしているとします。

それがあるとき、Aが350円、Bが250円になっていたとします。

この場合、Aに「空売り」を仕掛け、Bに「買い」を仕掛けます。

一番理想的な展開は、Aが300円ぐらいまで値下がりし、Bが300円ぐらいまで値上がりすることです。Aでも50円、Bでも50円の利益が出ます。

途中、いろんな展開があったとしても、やがてこのように落ち着くだろうという狙いです。

もし仮に、2銘柄とも値上がりしたらどうなるか?

同じような値幅で上昇してくれたなら、「空売り」と「買い」を仕掛けていますから、収支トントンになります。

反対に、2銘柄とも値下がりしたらどうなるか?

これも同じように、収支トントンになります。

このように、株価がどちらに行こうが、リスクを押さえながら、2つの銘柄の水準が元に戻ったら利益が出るという投資法です。

しかし、良いことばかりではありません。

最悪の展開は、Aがドンドン値上がりし、Bがドンドン値下がりしたら、ダブルで損が発生します。

ですから、このペアトレードを実践するためには、どの銘柄を組み合わせるかという部分がとても大切になります。

価格差(サヤ)が開いても、いつかは元に戻る癖がある2つの銘柄を見つけることが成功のポイントです!

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。