アノマリー投資法

合理的な根拠はないけれども、永い間投資家の間で語り継がれている相場パターンを「アノマリー」と呼ばれ、そのパターンを利用して売買しようというのがアノマリー投資法です。

1月 新春株高、2月 節分天井、3月 彼岸底、4月 花冷え相場、5月鯉のぼり相場、6月 梅雨調整、7月 サマーラリー、8月 お盆閑散相場、9月 彼岸底、10月 稲穂相場、11月 ヘッジファンドのポジション調整相場、12月 餅つき相場、などと月ごとの特徴がネーミングされています。

また3ヶ月単位でのアノマリーもあります。

1・2・3月は、低位株・内需関連株
4・5・6月は、値がさハイテク株・輸出関連株
7・8・9月は、低位株・内需関連株
10・11・12月は、値がさハイテク株・輸出関連株

というようにテーマが変わっていくといわれています。

合理的な根拠はないといわれていますが、機関投資家の人事異動、外国人投資家の本国の決算時期など、時期によって一定の変動要因が毎年繰り返されているのも事実です。

あんまり当てにすると期待を裏切られる思いますが、このような相場のアノマリーを頭に入れておくと、得意銘柄の癖を見つけ易いかも知れません。

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。