メカニカルトレード

株式投資を始めてみると、自分が思っているように稼げないということが、しみじみとわかります。

市販されている本で勉強して、その通りに実践していても、実際はその時々の相場の流れに翻弄されて負け続けるという人が多いです。

その原因をじっくりと考えてみると、投資スタイルを確立していない、確率していても、実際はルール破りばかりしている、ということが多いです。

その場その場の相場の流れを的確に読み、その流れに臨機応変に対応するなどということは、実際には相当難しいです。

だから投資スタイルを確立しないで、そのときの気分的な感覚を頼りに相場に参加していては、勝てないということです。

また投資スタイルを確立したつもりでも、それが適当に決めたルールなら、簡単にルール破りをしてしまいます。

結局は、欲望に放浪されている自分に気づくことになります。

ということは、投資の最大の敵は、自分自身の「欲望」ということです。

この「欲望」をコントロールすることができれば、勝てるということです。

しかし、ここに矛盾があります。

お金を儲けたいという「欲望」が動機で投資を始めるのに、その「欲望」をコントロールしなければいけないという矛盾です。

この矛盾する問題を解決するひとつの方法として、「メカニカルトレード」というものがあります。

次回から、「メカニカルトレード」について考えてみたいと思います。



悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。