損切りの必要性を学ぶ方法

なるべく軽症で「損切りの必要性」を学ぶ方法ですが、それはやはり自分の投資スタイルを確立するまでは、少額で株の運用をすることです。

あなたが仮に100万円の投資資金を用意できるとしても、初めは10万円で経験を積むことです。

10万円を1年間でどれだけ運用できるかを練習します。

そのときに損切りすることも経験するはずです。

全戦全勝なんて1年も続けることはできません。


普通の神経の持ち主なら、1万円の損切りでも、心が痛むはずです。

心が痛んで後悔して、でもまた思い直して再チャレンジする。

これをある程度繰り返すことで、株式投資にとって一番重要な損切りの必要性が身についてきます。

「損切りしてもいいんだ。通算で利益が出ればいいんだ。」

「むしろ損切りを躊躇することが傷を大きくする原因なんだ!」

ということが心から理解できるようになります。


このことが理解できるまでは、10万円の投資資金を増やさないようにしてください。遠回りのようでも、これが株式投資をマスターする近道です。


よくある株のシュミレーションゲームでの経験は、実際の投資には、ほとんど役にたちませんから!念のため!!

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。