ダマシに備える作戦 2

前回、上昇トレンドの初期と思われる時期に参戦する方法について、お話し
ました。

今回は、もう少しトレンドの確認をしてから参戦する方法です。

上昇トレンドの初期に参戦するとダマシに遭う確率が高くなります。

そこで、もう少し様子を見て、ハッキリと上昇トレンドを確認してから参戦
する場合を考えてみます。


株価が13週移動平均線を上に抜いて、1週間様子を見ても下がる気配が
ない。

これなら本格的な上昇トレンドだと思える展開です。

でも、ここから参戦していては遅いのではないかという不安があります。

この場合の作戦ですが、株価と13週移動平均線との乖離率を参考にすると、
高値掴みを避ける確率が高くなります。


具体的には、乖離率がそれほど高くない場合は、参戦する。でも短期間で急
上昇して乖離率が高い場合は、見送る。という作戦です。


株価が13週移動平均線を上に抜いてから、どれぐらいの期間、その状態を
継続しているのかも大切ですが、乖離率との関係も重要な指標になってき
ます。


日経平均の週足チャートを確認するとわかりますが、13週移動平均線との
乖離率が10%前後まで離れると、かなりの確率で調整になることがわかり
ます。


ということは、株価が13週移動平均線を上に抜けて、しばらくそれを維持
できていれば、上昇トレンドに突入したと判断できます。

そして乖離率が5%前後で推移しているなら、まだ参戦する余地はあるとみ
ることができます。

でも乖離率が10%前後まで離れているなら、とりあえず参戦を見合わせる
ほうが無難なわけです。

(続く)


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。