参戦後の作戦

前回、乖離率を参考にすることで、上昇トレンドの途中から参戦する方法を
お話しました。

日経平均の乖離率が5%前後なら参戦、10%前後なら見送りという作戦
です。


今回は、乖離率が5%前後だったので参戦したとして、その後の作戦を考え
てみます。


息の長い上昇トレンドの場合、極端な急上昇をすることもなく、株価も移動
平均線もゆっくりと上昇していきます。

このような展開の間は、のんびりと構えていれば、どんどん利益が大きくな
ってくれます。

買値から○%上昇したからと手仕舞ってしまうと、後で悔しい想いをするこ
とが多いです。


だったら、乖離率が10%前後まで上昇してきたらどうするかです。


ここであなたの投資スタイルが必要になってきます。


乖離率が10%前後まで来ると調整する確率が高くなります。

確実に利益を確保するために売却する作戦と、更なる利益を追求するために
様子を見る作戦があります。

様子をみる作戦の場合、どうなっらた売却するかというルールを確立してお
くことが重要です。


例えば、「株価が13週移動平均線に接触するまでは売却しない。」とい
うルールを確立することで、大きく利益を得る可能性が出てきます。

でも、調整に入って、そのまま13週移動平均線に接触してしまったとし
たら、利益がわずかか、または若干の損切りになる可能性もあります。


確実に利益を確保する作戦と、利益が伸びるかも知れないしちょっと損する
かも知れない作戦のどちらを選択するかです。


どちらが良いという問題ではありません。

あなたが選択しなければいけない問題だということです。


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。