過去の最大乖離率

今回も、うまく上昇トレンドに乗って作戦どおりに進んでいるときに、株価
が幸運にも急騰した場合のことについてです。


たいていの場合、急騰すると移動平均線との乖離率が大きくなり、ある一定
の率になると反落することが多いです。


でも何%になったら反落するかというのは、その時点ではわかりません。


また小型株は大きな乖離率を出すこともありますが、大型株は滅多にありま
せん。


目安となるものを考えるなら、「過去の最大乖離率」でしょうか。


100%ではありませんが、それぐらいの乖離率になると過去と同じように
反落することが多いのも事実です。

日経平均株価の場合、13週移動平均線との乖離が10%を超えると反落す
ることが多いです。


ですから、幸運にも保有している株が急騰したら、乖離率をチェックして、
過去最大乖離率近辺になったら警戒が必要です。

慎重にいくなら手仕舞うのもいいでしょう。

上値を追いたいのであれば、陰線が出たらとか、高値から○%下げたらとか
の手仕舞いルールを事前に決めておくべきです。


また「過去の最大乖離率」を調べるのが困難な人は、直近の最大乖離率を参
考にするのもいいでしょう。


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。