牛と馬では乗り方が違う

私は性格的なこともあり、東証1部銘柄しか売買しませんが、個人投資家の
中には振興市場銘柄を好む人も多いようです。


値動きが激しいですから、魅力的に写るんですね。


短期間で大儲けすることが不可能ではありません。

でも短期間で大儲けできるということは、短期間で大損することもあるとい
う認識もしっかり持つことが大切です。


またファンダメンタルやテクニカルを分析するときも、大型株と小型株を同
じ土俵で分析してはいけません。


大型株は成熟産業が多く、小型株は成長途上産業が多いですから、単純にフ
ァンダメンタルを分析していると、どうしても小型株が魅力的に見えてしま
います。


しかし、小型株は流通している株式数が少ないですから、少ない資金で株価
がコントロールされることもあり、テクニカル分析が役に立たないことがあ
ります。


どちらが良くて、どちらが悪いという問題ではなく、それぞれの特質を意識
してトレードしないとうまくいかないということです。


おとなしい牛の背に乗るテクニックと、暴れ馬の背に乗るテクニックは同じ
ではないということです!


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ


悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。