相場は意地悪です!

2006年の相場を振る返ると、日経平均だけをみれば、わずかですが陽線で
引けとなりました。

しかし、いろんなところから聞こえてくるのは、「サッパリだった!」「サン
ザンだった!」とかの声が多かったです。


これはやはり、新興市場の下落によるものが大きいと思われます。

やっぱり個人投資家は、この市場が大好きみたいです。

だから大火傷を負った人が大勢となってしまったようです。


私は常々、「株は理屈どおりに動かない!」と言っているわけですが、多くの
人が、「この会社がここまで下がるのはおかしい!」「そろそろ反転しなけれ
ばおかしい!」などと理屈をつけて、塩漬け株を抱えたりしています。


でも相場は、たいていの場合、意地悪です。

みんなが「そろそろ反転」と思っても、「まだまだ下落」が続くわけです。

多くの場合、相場は上にも下にも「行き過ぎる」と思った方がいいです。

特に流通している株数が少ない新興市場銘柄は、この傾向が強いです。


ファンダメンタルからいけば納得いかない価格を、平気で付けてくるのが新興
市場です。

ですから、「ファンダメンタル」に頼るより、素直に「現在のトレンド」に従
うほうがうまくいきます。


というよりも、そろそろ「一攫千金型投資」をやめて、「安全堅実型投資」に
切り替えてみませんか?


今年は、「安全堅実型投資」に関する、かなり強力なノウハウを提供する予定
です!





★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。