ファンダメンタルズ指標

主なファンダメンタルズ指標を説明します。

【PER(ピー・イー・アール)】
株価収益率とも呼ばれ、株価が1株当り利益の何倍になっているかを示します。

1株当り利益とは、税引き後利益を発行済み株数で割ったものです。通常は、その年度の予想利益を使います。

たとえば企業Aの株価が1000円で、1株当り利益が50円だとすると、PERは、

1000円÷50円=20倍

となります。ただ、これだけの数字を見ても、それがどういう意味なのかがわかりませんが、他社の数字と比較することで意味が見えてきます。

たとえば、企業Bの株価は、先ほどのAと同じ、1000円ですが、1株当り利益が10円だとすると、PERは、

1000円÷10円=100倍

となります。この場合、株価はどちらも1000円ですが、AはBと比べると、PERが低い、つまり利益に比べて株価は安いという見方をします。

A社とB社のどちらの株を買おうかと迷った場合、A社のほうが良いという考え方です。

ただ、話はそう単純ではなくて、B社には、これからの時代に必要な特殊な技術があり、それを投資家が好感して買っているとか、いろいろな事情が、複雑に絡み合って、株価を形成しています。

ですから、なんでもそうですが、指標と言うものは、ある一面を捉えた数字だと言うことを認識して使う必要があります。


【PBR(ピー・ビー・アール)】
株価純資産倍率とも呼ばれ、株価を1株当り純資産で割ったものです。

会社の資産から負債を引いた残りが純資産です。
つまり、会社が解散したとしたらいくら残るかってことです。

たとえば企業Aの株価が1000円で、1株当り純資産が2000円だとすると、PBRは、

1000円 ÷ 2000円 = 0.5倍

となります。

この企業Aの株を1000円で買っていたら、解散したら2000円もらえるという理屈です。(あくまでも理屈ですよ)

ですからPBRは低ければ低いほど、現在の株価は割安だというふうに見ます。


【利回り】
年間の配当金を株価で割った比率です。

最近は、預金の利回りが滅茶苦茶悪いですから、配当利回りも十分魅力的です。

ただし、配当目当てで投資した場合、
何年もその配当金が維持されるかはわかりません。
株価が値下がりすると利回りを上回る評価損を被る場合があります。

例)
配当利回り5%の株に100万円を投資すると、年間5万円の配当がもらえますが、株価が10%値下がりすると資産価値が90万円になり、差し引き5万円の損失となります。

高利回りで、しかも値上がりも期待できる、そういう株を買いたいですね!


投資家の必携書

株式投資を始めるなら、どうしても持っていなければいけないものに「会社四季報」や「日経会社情報」があります。

どちらも年4回発行されている企業情報誌です。
どちらが良いかは意見が分かれるところですが、最低どちらかの本を年1回は購入するべきです。

見たことがない人が見ると、びっくりするような密度で企業の様々なデータが記載されています。

最初は、どこに何が記載されているのかがわかりませんから、頭が痛くなるかも知れませんが、慣れてくるととても便利な本になってきます。

すべての会社のすべてのデータを見るというのではなく、必要に応じて、必要な会社の必要な部分のデータを調べるという感じで使うものです。

ただし、最近はネット証券に口座開設すると調べられるデータもたくさんあるので、投資法によっては、本はいらないという方もいますが、一回も買ったことがないという人はぜひ一度購入することを勧めます!

ファンダメンタルズ

企業の業績などの基礎的条件を分析して投資することをファンダメンタルズ投資といいます。

業績が向上する、円相場が高くなる、金利が低くなる、そういったことを分析し、その企業の現在の株価が高いのか低いのかを判断し、投資をします。

私はもっぱらのテクニカル投資ですから、こういったことをあまり考慮していません。

ですが、世の中にこういった投資尺度で投資をしている人もいるわけですから、株価の変動要因として、ある程度の勉強をしていく必要があります。

「君の持っている株、PERはどれくらいなの?」
「へぇ?・・・PERって何?」
「PERも知らないで、よく株が買えるねぇ!」

なんて言われて、慌てるようでは勝てませんから!


悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。