損切り

買った株が値下がりして損失となっている手持ちの株に、見切りをつけて売却することを「損切り」または「ロスカット」といいます。

持っている株が値下がりしても、売らなければ評価上の損失だから、「損が確定したわけじゃない!」と持ち続けることを「塩漬け」といいます。

損切りは誰でも嫌なものです。自分の見込みが間違っていたということを認めるようで、なかなか実行できない個人投資家が多いです。

ですが、この手法が実行できないと、いつか大きな損失を出してしまい、株式投資から撤退しなければならないことになってしまいます。

「相場の上手下手は損切りで決まる!」と言われるぐらい大切な手法です。

500円で買った企業の株が、不正経理が発覚して一気に400円に値下がりしてしまった。

あなたは、どうしますか?

売ってしまうと100円の損失です。悩むところです。

ですが、事件はマスコミで大きく取り上げられて、ますます値下がりする可能性大です。

こういう場合は、残念ですが、すばやく損切りするべきです。

その後株価がどうなるか、その時点ではわかりませんが、損切りしなければ損失が拡大することが予想されるからです。

下手をすれば、株が紙くずになってしまうかも知れません。

100円の損失を惜しんだために500円を失ってしまうことになります。

株式投資で勝率100%はあり得ません!
コツコツと勝って貯めた利益を一度の失敗で失くしてしまわないように、株を買った時点で、「ここまで下がったら売る!」というロスカットラインを設定が必要です。

そしてそのラインに到達した場合は、躊躇無く損切りしなければなりません。

損切りは、株式投資で利益を獲得するための必要経費と考えるべきです。

ナンピン買い

前回の分散投資の中で、株価が下がるごとに買い増しする方法を紹介しました。

これを業界用語?でナンピン買いといいます。
漢字で書くと「難平」となります。

逆張り投資をしていく場合の作戦として有名です。

○○円下がったら買い増す。○○%下がったら買い増す。
購入コストがどんどん下がっていきます。

同じ株数を買い増す方法と、買い増す株数を増やして行く方法もあります。

例えば、50円下がるごとに倍の株数を買い増すようにしますと、
500円で1000株
450円で2000株
400円で4000株

のようにしていくわけです。

1000株ずつ買い増ししていく場合の1株当たりの平均コストは、450円ですが、この場合は、428円になります。

この手法は、たくさんの資金があり、また長期的には値上がりが間違いないというような場合に有効ですが、初心者の方は、資金が限られていると思いますし、また豊富にあったとしても、「値上がりが間違いない株」を見つけるのは容易なことではありません。

安易に取り入れるのは止めておくべきです。

ちなみに私は、短期投資派なので、ナンピンはしません。
ナンピンする資金があれば、他の有望な銘柄を探します。

分散投資2

今回は分散投資の2回目、時期の分散です。

ある有望な銘柄をたくさん購入したい。

そういった場合、一度にありったけの資金を投入して買うのはハイリターン・ハイリスクです。

そこで複数回に分けて購入するテクニックが時期の分散です。

今が底値だと思っても、もっと底があるかも知れません。

例えば、500円の株を3千株購入したいとします。
一度に3千株購入すると単価は500円ですが、1日目に500円で千株。2日目に480円で千株。3日目に490円で千株というふうに購入すれば、トータル単価が490円で購入できたことになります。

また、先の例のように毎日購入するのではなく、50円下がったら買い増すという作戦もあります。

この場合、500円で千株、450円で千株、400円で千株というふうに購入すると、トータル単価が450円で購入できたことになります。

長期投資で、大きなリターンを狙って投資する場合は、こういうテクニックが有効です。

「下がらずに上がる展開になれば、トータル単価が上がってしまうではないか!」

確かに、そういう事態もあるでしょう!
それは投資家が、どれだけリスクを取るかという問題になってきます。

確実に底値だと思えるなら、一度に買うのもいいでしょう。
でも長期投資なら、やはり分散して購入するのが賢いやり方ではないでしょうか!

分散投資

株式投資は、リスクが伴うものですから、リスクをコントロールする必要があります。

そのひとつが、分散投資です。
そして分散投資の中にも、銘柄の分散と時期の分散があります。

今回は、銘柄の分散についてです。

有望な銘柄に集中投資をする。これは、うまくいけば大きなリターンを得られますが、反対に動けば大きな損失を生みます。

そこで資金を分散して、複数の銘柄に投資をするという手法です。

その中にもテクニックがありまして、同じような動きをする銘柄に分散してもあまり意味がないですから、違う動きをする銘柄に分散することが重要になってきます。

例えば、同じ業種に分散するよりも、まったく違う業種に分散する方法。
これは、鉄鋼とサービスとか電気と食品など、業績の関連が薄いものに分散する考え方です。

または、為替相場に対して、違う動きをする銘柄に分散する方法。
例えば、輸入関連銘柄と輸出関連銘柄というふうに為替がどっちに向かおうが対応できるように分散する考え方です。

または、相場のトレンドがはっきりしないときに、買う銘柄と空売りする銘柄に分散する考え方もあります。

分散投資はリターンが少なくなりますから、集中投資を勧める本もありますが、それは投資経験を積んで、自分ではっきりトレンドを確信できるようにならないとリスクが高いと言えます。

逆張り

逆張りとは、相場のトレンドと反対のポジションを取るトレード手法です。

上昇トレンドの天井を予測して売り向かう。
下降トレンドの底を予測して買い向かう。

永久に上がり続ける株はない。特に急上昇した株は、近いうちに急落する。その急落を狙います。

永久に下がり続ける株はない。急落した株は、近いうちに反発する。その反発を狙います。

このように書くと、簡単のように感じられますが、実際はとてもやり辛い投資法です。

大勢の人達と違う方向に歩いて行くというのは、とても勇気のいることです。前にも言いましたが、そもそも天井や底を予測するのはプロでも難しい技ですから、それを前提とした投資は、かなりリスクが高いと言えます。

一般の書籍には、「勝っている投資家は逆張りをしている」と記述してあるものが多いですが、私は初心者の方にはお勧めしません。

はっきりとしたトレンドのときに、そのトレンドについて行く。
そういう順張りが安全な投資法です。

順張り

順張りとは、相場のトレンドに素直に従うトレード手法です。

上昇トレンドに乗って、買い向かう。
下降トレンドに乗って、売り向かう。

急上昇している銘柄に飛び乗る順張りの場合は、短期間で大きなリターンを得るチャンスですが、飛び降りるタイミングを誤ると、高値掴みとなって大損する危険性があります。

しっかりとした自分なりの投資法を確立し、躊躇しないで実行できるようにならないと浮き沈みが激しいトレードを繰り返すことになります。

緩やかに、時間をかけて徐々に上がっていくような銘柄について行くような順張りは、時間がかかりますが、安心して持っていられます。
急落する危険性も低いです。

初心者の方は、最初はこのような銘柄を発掘して投資されるのが安全です。

そしてこういう銘柄は、上昇トレンドの最終局面に入ると、急上昇する場合が多いです。こういう場面に遭遇したら、初心者のうちは、あまり欲張らずに、ほどほどで利益を確定したほうがいいでしょう。

売った後、さらに上昇していくのを見てしまうと、何か損をしたような気になりますが、気にしないことです。

長く投資経験を積まれると、心底理解していただけると思いますが、天井で売り抜けるなんて芸当は、プロでも至難のわざなんですから!

デイトレード

超短期投資といえば、デイトレードです。

最近、流行っているようです。
本屋さんに行くと、解説書がたくさんあります。
でも、サラリーマンの方には、向いていませんね。

この投資手法は、業績などのファンダメンタルなことは、一切関係なく、その日の需給関係だけが勝負の世界です。

また、基本的にその日のうちに決済しますから、夜の間に大事件が発生して、翌日大暴落に巻き込まれるというリスクが回避できます。

しかし、株価が窓を開けながら上昇していくような展開では、窓の分の利益を取ることはできません。

いずれにせよ、この投資手法は、専業トレーダーや自営業の方しか実践は難しいです。

私もやろうと思えばできる環境にありますが、どうも慌しくて性に合いません。


短期投資

前に書きましたが、短期投資は、業績に連動するというよりも、そのときの需給関係(買い方と売り方の力関係)に大きく左右されます。ですから業績を調べるよりも、チャート分析が重要になります。

チャートの波を分析して、短期的なトレンドを予想します。

今、上昇しているから、明日以降も上昇すると考えるのか。
それとも、今の株価をピークと見て下降すると考えるのか。

こいうところをチャートを見て判断します。

トレンドについていくことを順張り投資、逆らうのを逆張り投資といいます。

どちらが良いとは一概に言えません。
儲かっている投資家は逆張りをしているという本もありますし、逆張りは危険だ!順張りこそが安全な投資法だという本もあります。

私的には、順張りが性に合っています。

トレンドに逆らうという投資は、プレッシャーが大きいです。
資金がたくさん有り、気長に待てる場合は、大きなリターンが期待できるかも知れませんが、少ない資金でこれをやると、含み損を抱えて身動きがとれなくなることもあります。

また短期投資は、投資成績が早くわかりますから、短気な性格の人に向いているとも言えます。

長期投資のように大きなリターンを得るというのではなく、小さい利益を積み重ねるという投資法です。

長期投資

期間によって投資法を分類しますと、長期投資、中期投資、短期投資、超短期投資(デイトレード)があります。

それぞれ長所、短所があり、どれが一番優れているというものではありません。また、それぞれの投資法によって、必要とする情報が違ってきます。

まずは、長期投資です。

ネット証券が存在していない時代、個人投資家のほとんどは長期投資でした。会社四季報で業績を調べて、業績に比べて割安になっている株を買います。または、今後業績が飛躍的に伸びるだろうという銘柄を探して買います。

そして買ったら値上がりするまで何年でも待つという投資スタイルでした。

バブルが崩壊する以前は、株価は基本的に右肩上がりでしたから、値下がりしても慌てずにじっと待っていれば値上がりしました。

でもバブル崩壊後は、この右肩上がりの原則が通用しなくなり、じっと待っていたらどんどん含み損が大きくなるという時代が続き現在に至っています。

だったら長期投資はもうダメなのかというと、そうではなく、昔みたいにいつ買っても待っていれば値上がりするという時代ではないということです。

長期投資の長所は、将来、大きなリターンを得る可能性があるということです。

まだ生まれたばかりの会社の中で、将来大発展しそうな会社を発掘して、その会社の株を買う。そして何年後かに10倍に値上がりしていたということが期待できます。

かつてのソニーや京セラを発掘するわけです。

そして毎年、配当をもらいながら、値上がりを楽しみに待つ。
これもひとつの投資法です。

短所は、そういったお宝銘柄を発掘するには、それなりの知識が必要になってきます。時代を読む目、会社の将来を読む目が必要になってきます。

こういう知識は、本を1冊や2冊読めば身に付くというようなものではありません。

また、時代は年々加速的に変化の速度が速くなっています。
今、最先端なものでも、あっという間に陳腐化してしまうことが多々あります。業績が倍々ゲームで向上して、株価も大きく値上がりしていたと思ったら、あっという間に時代遅れの会社になるということも十分に考えられます。

いずれにせよ、これからの時代の長期投資には、幅広い知識と敏感に時代を感じ柔軟に対応できるスキルが必要になってきています。


投資手法

投資手法は、昔からたくさんの人がいろいろな方法を編み出しています。
どれが良いとか悪いとかではなく、それぞれに長所・短所があり、それを理解した上で自分に適した方法を選ぶべきです。

考えてみると、みんなが様々な投資法で投資をするから、そこに儲ける余地が生まれます。

相場に参加する全員が同じ方法を取れば、ある日は買い注文ばかりになり、またある日は売り注文ばかりとなり、ともに売買不成立。儲ける人は誰もいないとなってしまいます。

投資法にもハヤリスタリはあるにせよ、人間には個性がありますから、いつの時代も様々な投資方法が使われています。

これらのことから言えることは、投資手法に絶対的な正解はないということです。

これから、広く世間で知られている投資手法について解説したいと思っています。


悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。