順張りと逆張り

投資スタイルの分け方に、「順張り」と「逆張り」があります。


上昇している株に乗っかって、さらなる上昇を期待するのが、順張り。


下降している株の底を見計らって反発を期待するのが、逆張り。

上昇トレンドの押し目を狙って仕掛けるのも、私的には逆張りだと思ってます。


どちらが良い悪いの問題ではなく、個人の選択の問題です。


それぞれに長所と短所があります。


順張りを実践するなら、「こんな高いところから買っていいのか?」という恐
怖と戦わなければいけません。

逆張りを実践するなら、「まだまだ低い底があるんじゃないのか?」という恐
怖と戦わなければいけません。


私的には、大きなトレンドの方向によって方針を切り分けたほうが効率的だ
と思ってます。


バブル崩壊後の長期下降トレンドでは、逆張りが有利だったと思います。

大きな下げがあったときに、勇気を出して買う。反発したところを欲張らずに
手仕舞う。

こんなスタイルが、一番効率的でした。


もし順張りスタイルなら、買った途端に下げ、また買った途端に下げとロスカ
ットのオンパレードになっていたはずです。


だったら現在はどうか?

逆張り・順張り、どちらが有利か?



(続く)


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ


ペアトレードのメリット 2

株価を変動させる要因はたくさんありますが、短期に限って見てみるとニュー
ス性に拠るところが大きいです。


日銀総裁が利上げについて○○○と発言した。

経済統計の結果が○○だった。

北朝鮮の高官が○○○と発言した。


こんなニュースが流れると、それに反応した投資家が明日の動きを決めます。


上に行くのか、下に行くのか、その時々で反応が違います。

株の入門書に書いてあるような単純な動きではありません。


株の入門書には、利上げは株価を押し下げると書いてありますが、よくある動
きは、利上げ発表前から株価が下がり始め、発表と同時に反発する。

「これで当面の利上げはなくなったと投資家が好感!」などと解説されたりし
ます。


利下げは、株価を押し上げるといいますが、発表と同時に下落し、「下げ幅に
失望!」などと解説されることもあります。


株初心者からみれば、訳がわからない動きに見えてしまいます。


結局落ち着くところは、「明日の株価は誰にもわからない!」ということにな
ります。


ペアトレードは、根本的なところで明日の株価に左右されません。



株初心者こそペアトレードをするべきだと思う所以です。


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ

ペアトレードのメリット 1

ペアトレードの利益の源泉は、2つの銘柄間の価格差となります。

価格差が大きくなったときに仕掛けて、小さくなったときに手仕舞うと利益が
得られます。

注目すべきは「価格差」であり、トレンドの方向は関係ありません。


この「トレンドの方向は関係ない」という部分は、株初心者にとってかなり嬉
しいメリットになります。


基本的な部分において、株価のアップダウンに一喜一憂しなくてもよいという
のは、精神的にとても楽な投資法といえます。


私も昨年の秋ぐらいから、ペアトレードを研究し実践してきましたが、精神的
にとても楽になったという実感があります。

自覚はしていませんでしたが、トレンドの方向に合わせているとはいうものの、
片張りはとてもプレッシャーが強かったんだなぁとつくづく思いました。


資金量が大きくなればなるほど、強いプレッシャーがかかってきます。

儲ける金額が大きくなると同時に、負ける金額も半端じゃなくなります。

損切りに対する心理的負担が強くなってきます。


その点、ペアトレードは常に保険がかかった状態でのトレードになりますから、
安心感があります。


任意保険に入らずに車を運転しているときの精神状態と、任意保険に加入して
車を運転しているときの精神状態の違いといえばわかりやすいと思います。


一度任意保険に加入した状態を知ってしまうと、もう元には戻りたくなくなり
ます。



保険付き投資法に興味がある方はこちら!
http://www.tiganokabu.com



★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ

ペアトレードの壁 1

ペアトレードは暴落に強い投資法ですから、株初心者にこそお勧めしたいわけ
ですが、この投資法を実践するには、初心者にとって多くの壁があります。


一番の壁が、信用取引を使わないと出来ないということです。

世間一般では、「信用取引は危険だ!」という認識が強くあります。

だから、「よくわからないけど手を出さない!」という投資家もいます。

確かに危険な要素もありますが、それで思考をストップさせていては、勝ち続
ける投資家になるには時間がかかり過ぎます。

どこが危険で、どう使えばメリットを享受できるのかをキチンと知る必要があ
ります。


「自転車は危険だから絶対に乗らない!」

こういう認識で思考をストップさせていると、絶対に乗れるようにはなりま
せん。

自転車の仕組み・乗り方を理解して練習を重ねれば、最初は何度かこけますが
慣れればほとんど誰もが上手に乗れるようになります。

徒歩に比べ、格段に行動範囲が広がります。目的地に着くスピードが大幅に短
縮されます。


信用取引も同じことです。

仕組みを理解し、何が危険なのかを知り、上手に使えば、それを使えない人に
比べ格段に有利に戦えるようになります。


私も以前は、株初心者に信用取引を勧めるのは、メリットよりもデメリットの
方が大きいと考えていましたが、ペアトレードのために使うという限定使用で
あれば、問題ないと思えるようになりました。

むしろ株初心者こそ、ペアトレードのために信用取引を学んだほうがよいと考
えるようになりました。

(続く)


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ



株初心者とペアトレード

去年の秋ごろ、たまたま読んでいた本にペアトレードのことが書いてありま
した。

この投資法のことは、以前から知っていましたが、安全性は高いけれども、利
益率が悪いというイメージがあって、深く研究したことはありませんでした。

上昇トレンドでは「買い」、下降トレンドでは「売り」でトレードする方が効
率的だと思ってましたから。


しかし、去年のライブドアショックや村上ファンドショックなどで、逃げ遅れ
てしまった人の話などを聞くと、この投資法も研究の余地があるぞ!と思うよ
うになったんです。


上昇トレンド途中で事件が起こると、高所恐怖症の投資家が関係ない銘柄まで
パニックのように売ってきます。


こんなときに無傷で済ませることは、難しいです。

よほどその後の見通しが読める人でないと、多少なりとも被害を受けてしまい
ます。

そして株初心者の人がうまく立ち回るなんて芸当は、無理というものです。

株初心者ほど、大火傷を負ってしまうというのが実態です。


そんな事態に威力を発揮するのが「ペアトレード」です。

よく似た動きをする2つの銘柄に、「買い」と「売り」を同時に仕掛けるわけ
ですから、連動性が崩れない限り、大損することはないわけです。


そんなこんなで、「株初心者がペアトレードを実践するにはどうすればよ
いか?」を研究していると、けっこういろんな壁が立ちふさがっていることに
気が付きました。


(続く)

★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ

安全に継続して!

書店に行くと、いかにも株は簡単だというタイトルのついた本が並べられてい
ます。

株の売買に関する制度的な基礎知識さえマスターすれば、誰でも稼げると書い
てあります。

大学生が億の資産を作ったというような本もあります。書いてあることが嘘だ
とは言いませんが、誰もが再現できるとは思えません。

たまたま運用していた時期が良かったのか、それとも本人は自覚していないが
非凡な才能の持ち主である可能性が高いです。

もしかしたら、書いた本人さえ数年後には、パンクしているかも知れません。


短期間で一気に稼いだお金というものは、よほど気を引き締めていないと短期
間で失くしてしまうのが世の常です。

株式投資で大切なことは、一気に稼ぐことではなく、継続して稼ぐこと!

多少利益が少なくなったとしても、安全に、そして継続して稼ぐ術を身につけ
ることが、結局は成功への近道だ!


ちょうど去年のこの時期にライブドアショックが勃発し、多くの個人投資家が
火傷を負ったころから、上記のようなことを感じていました。


そして、多くの個人投資家、特に株初心者に必要なのは、「安全性の高い投
資法」ではないのか?

難解な理論を駆使しなくても、高度な経済知識がなくても、安心して市場にお
金を投入できる投資法ではないのか?


というようなことを考え続けた結果、最もそれに適した投資法は、
ペアトレードしかないのではないか!という結論になりました。


次回から「ペアトレード」について解説したいと思います!


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ

相場は意地悪です!

2006年の相場を振る返ると、日経平均だけをみれば、わずかですが陽線で
引けとなりました。

しかし、いろんなところから聞こえてくるのは、「サッパリだった!」「サン
ザンだった!」とかの声が多かったです。


これはやはり、新興市場の下落によるものが大きいと思われます。

やっぱり個人投資家は、この市場が大好きみたいです。

だから大火傷を負った人が大勢となってしまったようです。


私は常々、「株は理屈どおりに動かない!」と言っているわけですが、多くの
人が、「この会社がここまで下がるのはおかしい!」「そろそろ反転しなけれ
ばおかしい!」などと理屈をつけて、塩漬け株を抱えたりしています。


でも相場は、たいていの場合、意地悪です。

みんなが「そろそろ反転」と思っても、「まだまだ下落」が続くわけです。

多くの場合、相場は上にも下にも「行き過ぎる」と思った方がいいです。

特に流通している株数が少ない新興市場銘柄は、この傾向が強いです。


ファンダメンタルからいけば納得いかない価格を、平気で付けてくるのが新興
市場です。

ですから、「ファンダメンタル」に頼るより、素直に「現在のトレンド」に従
うほうがうまくいきます。


というよりも、そろそろ「一攫千金型投資」をやめて、「安全堅実型投資」に
切り替えてみませんか?


今年は、「安全堅実型投資」に関する、かなり強力なノウハウを提供する予定
です!





★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ

欲望との戦い 3

頭も尻尾も残さず、獲物全体を食べようとすることは無理です。

長く投資を続けていると、嫌でも思い知らされます。


投資経験が少ない人ほど、食べ損なった部分について、もっと食べられたはず
なのにと後悔している人が多いです。

「今度こそ全部食べてやる!」などと、その手法を研究しても徒労に終わり
ます。


だったら、気持ちを切り替えて、「頭と尻尾は、誰かにあげたんだ!」と考え
たほうが、よほど気分が良いですし、投資成績も安定することにつながります。


実生活の中で、自分だけがいつも一人勝ちしたいなどと思っていると、ロクな
ことがないというのは誰もが実感していると思います。


それが投資の世界に入ると、途端に欲望むき出しになってしまう人が多いで
すが、この世界も同じような法則が働いています。


全部を食べようと彷徨っている間に、結局手持ち資金を失くしてしまうことに
なるんです。



「私は、獲物のこの部分だけを狙うようにしよう!」

消極的に感じるかも知れませんが、こういった考え方のほうが安定して稼ぐこ
とができます。


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ

欲望との戦い 2

多くの個人投資家は、大底から大天井までをうまく取る方法を捜し求めてい
ます。

自分が底だと思って買っても、さらに底があると嫌なわけです。

自分が天井だと思って売っても、さらに上がると許せないわけです。


その中でも、「さらに上がある」経験は、よほどショックなようで、利益があ
ったとしても、「大損した」ような気持ちになるようです。


その気持ちはわかりますが、そんな大成功だけをいつも実現させてくれる投資
法なんて、存在しないということに早く気がつく必要があります。


これからの長い投資生活の中で、一番大切なことは、継続的に資金を増やして
いくことであって、毎回痺れるような快感に浸ることが目的ではないというこ
とに気がつかなければいけません。


毎回ホームランが打ちたいならば、ホームランが打てる投手のときしか打席
に入ってはいけないのです。

全試合にフル出場したいのなら、イチローのようにヒットを積み重ねるスタイ
ルが一番適しています。


全試合にフル出場して、全打席ホームランを狙う打法は、短期間ならうまくい
くかも知れませんが、10年連続して好成績を残せる選手がどれだけいるのか
を考える必要があります。


「頭と尻尾はくれてやれ!」

この格言の深い意味が心から理解できたとき、投資家としてのあなたの力量が
格段に向上しているはずです。


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ


欲望との戦い

株式投資が難しい最大の原因は、「欲望との戦い」ということに行き着くと思
います。

株を始めたばかりの初心者の人は、思ったように勝てない原因を「自分の知識
が不足しているからだ!」とか「テクニックさえわかれば勝てる!」と考えが
ちです。

その部分ももちろん大切ですが、それは枝葉であって、幹的な原因ではないと
いうことに気づくのに、ずいぶんと時間がかかるようです。


でも逆に考えてみるとすぐにわかります。

たくさんの知識を持った人が必ず勝っているか?

テクニックを駆使できる人が必ず勝っているか?


あなたの周りにいる、株をやっている人達のことを思い浮かべてみてください。

決して知識量やテクニックが、成績に比例していないことに気づくはずです。


知識やテクニックが豊富な人が、バーチャルトレードをすると好成績を叩き出
すかもしれません。

でもいざ実戦に参戦した途端、バーチャルでは感じることがなかった「欲望と
の戦い」の難しさを体験します。


この「欲望との戦い」に勝利することが、勝ち続けるトレーダーになるための
必須条件と言っても、言い過ぎではないと思っています。


さて、ではいったいどうやって「欲望との戦い」に挑めばよいのか?


次回に続く!

★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ


ロスカットができないのなら

株式投資で勝率100%はあり得ません。

必ず負けることがあります。

当たり前のことなのですが、そういう前提で戦略を立てる必要があるわけです。

何も考えずに、毎日ある銘柄を寄り付きで買い、引けで売却するという投資法
を続けると、ランダムに勝ったり負けたりしますが、長期間になればなるほど
勝率は50%に近づきます。


これは何を意味するかというと、本来勝ち負けの確率は50%なんだというこ
とをしっかり認識する必要があるということです。


この原理原則を押さえた上で、勝てる投資法を確立する必要があるということ
です。


勝率を上げるために、仕掛けの基準を厳しくすると、仕掛ける機会が減少し
ます。

仕掛け基準を緩めて、取引回数を増やしたほうが、勝率は下がりますが、金
額ベースで見てみるとたくさん稼げるということもあります。


また勝率は高いけれども、ロスカットができないために結局は大損になってし
まうという投資家も多いです。

反対に勝率は50%以下でも、ロスカットを厳格に実施することで損を最小に
押さえ、利益はとことん伸ばす方法で儲けている投資家もいます。


やはり株式投資で勝つためには、ロスカットとどう付き合うかが、大切なポイ
ントであることは間違いありません。


でも、もしあなたが

「どうしてもロスカットができない、したくない!」

「でも投資で資産を増やしたい!」

というのなら、私が知る限りこの投資法しかありません。


http://www.tiganokabu.com/zero.html

勝率100%なんですが、嘘くさいということで、サイトは勝率99.9%
となっています。


私が開発したノウハウではありません。でも内容に間違いがないことを確認し
てあります。


この投資法、勝てるメカニズムを理解するのに多少の時間がかかります。

短期間に資金が2倍・3倍になるものではありません。


でも最初にそのメカニズムを理解したら、後はノウハウの約束を破らない限り、
ロスカットをしなくても確実に資金が増え続けます。


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ



牛と馬では乗り方が違う

私は性格的なこともあり、東証1部銘柄しか売買しませんが、個人投資家の
中には振興市場銘柄を好む人も多いようです。


値動きが激しいですから、魅力的に写るんですね。


短期間で大儲けすることが不可能ではありません。

でも短期間で大儲けできるということは、短期間で大損することもあるとい
う認識もしっかり持つことが大切です。


またファンダメンタルやテクニカルを分析するときも、大型株と小型株を同
じ土俵で分析してはいけません。


大型株は成熟産業が多く、小型株は成長途上産業が多いですから、単純にフ
ァンダメンタルを分析していると、どうしても小型株が魅力的に見えてしま
います。


しかし、小型株は流通している株式数が少ないですから、少ない資金で株価
がコントロールされることもあり、テクニカル分析が役に立たないことがあ
ります。


どちらが良くて、どちらが悪いという問題ではなく、それぞれの特質を意識
してトレードしないとうまくいかないということです。


おとなしい牛の背に乗るテクニックと、暴れ馬の背に乗るテクニックは同じ
ではないということです!


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ


過去の最大乖離率

今回も、うまく上昇トレンドに乗って作戦どおりに進んでいるときに、株価
が幸運にも急騰した場合のことについてです。


たいていの場合、急騰すると移動平均線との乖離率が大きくなり、ある一定
の率になると反落することが多いです。


でも何%になったら反落するかというのは、その時点ではわかりません。


また小型株は大きな乖離率を出すこともありますが、大型株は滅多にありま
せん。


目安となるものを考えるなら、「過去の最大乖離率」でしょうか。


100%ではありませんが、それぐらいの乖離率になると過去と同じように
反落することが多いのも事実です。

日経平均株価の場合、13週移動平均線との乖離が10%を超えると反落す
ることが多いです。


ですから、幸運にも保有している株が急騰したら、乖離率をチェックして、
過去最大乖離率近辺になったら警戒が必要です。

慎重にいくなら手仕舞うのもいいでしょう。

上値を追いたいのであれば、陰線が出たらとか、高値から○%下げたらとか
の手仕舞いルールを事前に決めておくべきです。


また「過去の最大乖離率」を調べるのが困難な人は、直近の最大乖離率を参
考にするのもいいでしょう。


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ

急騰したときの対処考察

株価が13週移動平均線より上にいる間はホールドし、下に割り込んだら手
仕舞うというルールで売買するときの問題点の続きです。


前回、この手法が成功するためには、「その銘柄が安定した上昇トレンドに入
っている必要がある」というお話をしました。

今回は、うまく上昇トレンドに乗って作戦どおりに進んでいるときに、株価
が幸運にも急騰した場合のことについてです。


株価が13週移動平均線を下に割り込んだら手仕舞うというルールですと、
急騰した場合は、何もしないことになるのですが、放置しておくと急落して
元に戻ってしまうことがよくあります。


せっかく急騰して含み益が膨らんで喜んでいたら、結局すぐにもとの水準
に戻ってしまった、なんて具合です。

そしてそのうちに13週移動平均線を下に割り込んで手仕舞ったら、わずか
な利益か、下手をすると損失なんてこともよくあります。


この問題を対処するには、手仕舞い基準を2つ持つという方法があります。

1つは、株価が13週移動平均線を下に割り込んだとき。

そしてもう1つが、株価が急騰して乖離率が○%以上になったとき

このように決めておくことで急騰した分の利益を逃さずに済みます。


しかし、ここでも問題はあります。

乖離率を何%に設定するかという問題です。

欲張って大きな%に設定すると、そこまで急騰しなかったら利益を逃がしてし
まうかも知れません。

控えめに小さな%に設定すると、その後にもっと上昇した分の利益をもらい
損ねることになります。

また個別銘柄ごとに%を設定するのか、それとも一律に設定するのか?


いつも言ってますが、100%正解というものはありません。

あなたが主体的に決めなければならないということです。

しかし何の目安もなければ決め難いのも確かです。


この点については次回で!


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ

安定した上昇トレンドに入っているか?

13週移動平均線を使った売買手法について、さらに考えてみます。


株価が13週移動平均線より上にいる間はホールドし、下に割り込んだら手
仕舞うというルールで売買するときの問題点です。


まずその銘柄が安定した上昇トレンドに入っている必要があります。

そうでなければ、13週移動平均線の上下を行ったり来たりして、わずかな
金額ですが、ロスカットばかりの売買になってしまいます。


13週移動平均線の上にいるから買ってみた。

しばらくしたら下に割り込んだのでロスカットした。

またまた13週移動平均線の上にきたぞ?


こんな感じでバタバタと取引量だけが増えて儲からないトレードになってし
まうことがあります。


こんなトレードを避けるには、「その銘柄が安定した上昇トレンドに入って
いる」かどうかの分析力が必要になってきます。


一番シンプルですが、とても有効なものさしは、株価と複数の移動平均線と
の関係です。


株価と13週移動平均線、そして26週移動平均線の並びはどうなってい
るか?

そして、それぞれがゆるやかに上昇しているか?


株価>13週移動平均線>26週移動平均線の順番に並んでいる。
そしてゆるやかに上昇している。


このような状況にあるなら、安定した上昇トレンドに入っている可能性が高
いです。


次に問題となるのが、「急騰」した場合の対応をどうするかです。


(続く)


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ


実際には無理だという実感

前回、「株価が13週移動平均線に接触するまでは売却しない。」というル
ールを確立することで、大きく利益を得る可能性が出てくるというお話をし
ました。


この部分について、もう少し詳しく説明したいと思います。


「株価が13週移動平均線に接触するまでは売却しない。」というルールが
いつもいつも最大の利益をもたらしてくれるとは限りません。


うまくいくときもあれば、さらに利益を得られる機会を逃してしまうという
ときもあります。


しかしここで大切なことは、どのルールを採用しようと、この問題は同じよ
うに残るということです。


そのときそのときによって、最大に利益を得られた方法がありますが、それ
は後になってわかるということです。


そのときの状況に合わせて、臨機応変にルールを変更するという考え方は、
もっともらしい話ですが、実際には無理です。



この「実際には無理だ」ということを、心の底から実感したとき、あなたの
投資スタイルの確立が一歩前進することになります。



★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ

参戦後の作戦

前回、乖離率を参考にすることで、上昇トレンドの途中から参戦する方法を
お話しました。

日経平均の乖離率が5%前後なら参戦、10%前後なら見送りという作戦
です。


今回は、乖離率が5%前後だったので参戦したとして、その後の作戦を考え
てみます。


息の長い上昇トレンドの場合、極端な急上昇をすることもなく、株価も移動
平均線もゆっくりと上昇していきます。

このような展開の間は、のんびりと構えていれば、どんどん利益が大きくな
ってくれます。

買値から○%上昇したからと手仕舞ってしまうと、後で悔しい想いをするこ
とが多いです。


だったら、乖離率が10%前後まで上昇してきたらどうするかです。


ここであなたの投資スタイルが必要になってきます。


乖離率が10%前後まで来ると調整する確率が高くなります。

確実に利益を確保するために売却する作戦と、更なる利益を追求するために
様子を見る作戦があります。

様子をみる作戦の場合、どうなっらた売却するかというルールを確立してお
くことが重要です。


例えば、「株価が13週移動平均線に接触するまでは売却しない。」とい
うルールを確立することで、大きく利益を得る可能性が出てきます。

でも、調整に入って、そのまま13週移動平均線に接触してしまったとし
たら、利益がわずかか、または若干の損切りになる可能性もあります。


確実に利益を確保する作戦と、利益が伸びるかも知れないしちょっと損する
かも知れない作戦のどちらを選択するかです。


どちらが良いという問題ではありません。

あなたが選択しなければいけない問題だということです。


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ

ダマシに備える作戦 2

前回、上昇トレンドの初期と思われる時期に参戦する方法について、お話し
ました。

今回は、もう少しトレンドの確認をしてから参戦する方法です。

上昇トレンドの初期に参戦するとダマシに遭う確率が高くなります。

そこで、もう少し様子を見て、ハッキリと上昇トレンドを確認してから参戦
する場合を考えてみます。


株価が13週移動平均線を上に抜いて、1週間様子を見ても下がる気配が
ない。

これなら本格的な上昇トレンドだと思える展開です。

でも、ここから参戦していては遅いのではないかという不安があります。

この場合の作戦ですが、株価と13週移動平均線との乖離率を参考にすると、
高値掴みを避ける確率が高くなります。


具体的には、乖離率がそれほど高くない場合は、参戦する。でも短期間で急
上昇して乖離率が高い場合は、見送る。という作戦です。


株価が13週移動平均線を上に抜いてから、どれぐらいの期間、その状態を
継続しているのかも大切ですが、乖離率との関係も重要な指標になってき
ます。


日経平均の週足チャートを確認するとわかりますが、13週移動平均線との
乖離率が10%前後まで離れると、かなりの確率で調整になることがわかり
ます。


ということは、株価が13週移動平均線を上に抜けて、しばらくそれを維持
できていれば、上昇トレンドに突入したと判断できます。

そして乖離率が5%前後で推移しているなら、まだ参戦する余地はあるとみ
ることができます。

でも乖離率が10%前後まで離れているなら、とりあえず参戦を見合わせる
ほうが無難なわけです。

(続く)


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ

ダマシに備える作戦

トレンドの初期で参戦すると、ダマシに遭う確率が高くなります。


例えば、上昇トレンドの初期を捕らえたつもりで参戦すると、ダマシに遭い
再び下降トレンドに戻ってしまうというようなケースです。

トレンドの初期をうまく捕らえると、大きく稼げますが、それが本当にトレ
ンドの初期なのかということです。

その時点でそれを正確に見抜くことは困難です。過ぎ去ってみなければわか
らないということです。


ここでいろんな作戦が考えられます。

ひとつには、ダマシに遭うことも考慮して、少額で参戦して様子をみます。
そして上昇トレンドになりそうな感じなら、少しずつ投入資金を増やしてい
くという作戦です。

具体的には、株価が13週移動平均線の上にきたら少額で参戦してみる。

2〜3日様子を見ていても、株価が移動平均線を下回らないようなら徐々に
投入資金を増やしていく。

株価が移動平均線を下回るようならロスカットしていく。


この作戦で挑んだ場合、もし本当に上昇トレンドに遭遇していたら、株価が
移動平均線を下回るまで利益を伸ばしていくことが可能です。

また、本当は上昇トレンドでなかったとしても、少額のロスカットで撤退す
ることができます。


他にどんな作戦が考えられるか?

次回以降に続きます!



★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ


参戦のタイミング

前回、わかりやすい相場のときだけ参戦すると勝ちやすいという話をしま
した。

そしてチャート的に見て一番わかりやすいのが、株価と移動平均線との並び
順だということも説明しました。


株価が移動平均線より下にいるときは相場を休む。そして株価が移動平均線
より上にきたら参戦する。

いわゆるゴールデンクロスした状態がそうなんですが、慌てて参戦するとダ
マシに遭うことがあります。


これは、以前にも説明しましたが、移動平均線あたりで購入した投資家がや
っと含み損がなくなったと売却してくるからです。

ですからゴールデンクロスしたと思ったら、すぐにまた値下りしてデッドク
ロスしてしまうことがあります。

こういうダマシを避けるには、ゴールデンクロス直後に参戦するのではなく
株価も移動平均線も上昇する状態になるまで待つ作戦があります。


「そんなに待っていたら乗り遅れるんじゃないか?」

「そんなに待ってから参戦したら、高値つかみになるんじゃないか?」


こんなふうに思うかも知れませんが、それはその投資家の投資スタイルによ
ります。


トレンドの初期で参戦すると、ダマシに遭う確率が高くなります。

トレンドの後期で参戦すると、高値つかみをしてしまう確立が上がります。


どちらのリスクを取るかという問題です。



この辺りをどう考えるかについては次回で!


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。

最新コラムの購読は、こちら⇒メールマガジン登録・解除ページ

悩み解決方法情報センター

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。